太くて硬い髪のためのトップ10のヘアカットとスタイル

太い髪はかさばって感じられ、間違ったヘアカットをすると手に負えない縮れの塊になってしまいます。粗いテクスチャや波状のテクスチャの重量が増えると、スタイリングにも課題が生じます。しかし、適切なカットと毎日のケアにより、髪がスムーズに流れ、洗練されたように見えるようになります。
これらのトップ 10 のヘアカットは、ボリュームをコントロールしながら形と動きを提供します。

ロングレイヤー

長いレイヤーは、髪を後ろに引っ張りながら、余分なボリュームを取り除きます。最も長いレイヤーが顔を囲み、背中に向かって徐々に短くなり、頭頂部で上がります。熱保護剤を使用し、ドライヤーのノズルを髪の部分に向けます。

ショルダーの長さのシャグ

肩にかかる前髪のあるシャグは、太い髪の手入れが簡単なオプションです。多くのレイヤーが余分な重さを取り除いて動きを加え、サイドの前髪が額を柔らかくします。空気乾燥またはブロー乾燥により、乱れた質感が生まれます。

アングルドボブ

前が長めで首筋に向かって徐々に短くなる斜めのボブは、ほとんどの顔の形を引き立てます。髪を片方の耳の後ろに押し込み、美しいネックラインを見せます。スタイリングは簡単で、ブロー乾燥するか、アイロンで裏返して端を磨き、形を整えます。

テクスチャードロブ

質感のある毛先を持つロングボブ、または略してロブは、快適な長さになります。周囲は鎖骨をかすめ、全体に小さな層を作り、より太い髪に動きを生み出します。自然な質感を得るには自然乾燥するか、ドライヤーと丸ブラシで滑らかにします。

カーテン前髪

片側に流したカーテン前髪は、太い髪に最適です。鈍い前髪とは異なり、サイドのフリンジはトップレイヤーにボリュームを与えながら、顔立ちを柔らかくします。丸ブラシで吹き飛ばして毛先を裏返します。

ピクシーカット

ピクシーと一緒にドラマチックに!しっかりとトリミングされたサイドがゴージャスな顔の構造を見せます。トップの長さを残し、セクシーなボディを作り、ムースでスタイリングします。これを達成するために、あらゆる予算で最適なヘアドライヤーを見つけることができます。

顔のフレーミングのハイライト

顔の周りに戦略的にハイライトを入れることで、濃くて暗い髪の人の肌を明るくします。明るくされたセクションも効果的に密度を分散します。ハイライトは美しいカットを見せ、スタイル自体の一部になります。

レイヤードフリップアウト

ロングヘアは、適切なレイヤリングとヒートスタイリングによって太さをコントロールします。ブロー乾燥中に丸いブラシを使用して髪をセクション化し、跳ね上げた毛先を作成します。猪毛や通気ブラシを使用し、ドライヤーの気流で根を持ち上げます。

織り目加工のちょんまげ

上のレイヤーを引っ張り、乱れたちょんまげを作り、ヘアゴムとテクスチャスプレーで固定します。顔の周りに緩んだ部分を残すことで、後退した印象を防ぎます。ちょんまげは、ストレートとウェーブのかかった太い髪に同じようによく似合います。

ビーチの波

髪をきれいにこすってから塩スプレーで縮めることで、カールでもストレートでも自然な質感を大切にしましょう。わずかに湿った髪を自然乾燥させるか、ディフューズしてボリュームを出します。最後に、指を使って塊を優しくほぐして、柔らかく波打つビーチの波を作ります。

太い髪のタイプは、内部および下層全体の余分なボリュームを除去する戦略的なカットから大きな恩恵を受けます。厚いテクスチャーに精通した経験豊富なスタイリストを探してください。必要に応じて髪を後ろに引っ張るのに十分な長さを保つカットを優先してください。
適切なスタイリング計画を実行すると、毎日の管理も容易になります。 Conair Pro Styler のように、複数の熱と速度の設定が可能なヘア ドライヤーを選択して、乾燥をカスタマイズします。高品質のツールと頻繁なトリミングにより、太い髪を美しく保ちます。

ブログに戻る